2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター


天気予報



  • -天気予報コム-

リンク集

  • 静ばあちゃんのひとりごと
    いつも素敵な静ばあちゃん、素敵な景色や美味しい食べ物の紹介!人生、前向きな姿にいつも感動しています。
  • フランソワさんのブログ
    ダンスのお話やお料理のお話!もちろん、お庭のステキなバラを拝見できますよ。
  • 気がつけば82歳
    90歳の今、パワフルに活動されている方です。先輩を見習わなければ♪「ガッテン」にも載りました。前向きでとても謙虚!ブログを読むとほっこりしますよ♪
  • 「料理と趣味の部屋」
    素敵な写真と美味しいお料理が味わえます!
  • ポレポレ
    素敵なページを楽しみに!
無料ブログはココログ

2020年3月26日 (木)

ビデオ編集

Dsc_0213

いよいよ東京都も感染爆発(オーバーシュート)重大局面に入ったとのこと。益々行動が制限されてきますね。ついにここまで来たか!という感じです。週末は外出自粛です。まあ特にこの週末用事が入っているわけではないですが、やはり、制限されるとなると窮屈な感じです。でも、少しでもおさまってくれるよう知事の要請に従います。

となると、家でやることと言えば、お片付けぐらいでしょうか?図書館も閉まっているので本も借りられません。そんなとき、撮り溜めたビデオを見たり、取っておきたいものをDVDやBDに落としています。今日は、何分に1回のCMカットをして編集をしました。これが結構面倒です。前のTVは、CMカットは設定すればできたのですが、地デジになって買った今のわが家のTVはそれができません。

もちろん、見ながらCMを飛ばせばいいのですが、映画などはCMカットできれば見やすくなります。

これも以前、娘に聞いてすぐできたのですが、1年以上、もっとかな?やっていなかったら忘れていました。CMを残して本編をカットしそうになり、戻してもう一度やり直しました。

こいうことって、時々やっていないと、いとも簡単と忘れてしまう私です。だから時々思い出すためにも面倒な作業をやってみるのも認知症予防になるかと思っています。(笑)

2020年1月16日 (木)

ビデオも少しづつお片付け

Sdsc_0026

年末年始、かなりビデオを撮り溜めたため、容量不足のメッセージが出ました。

画質を落として撮ればよかったのですが、すぐに予約を入れたため、かなりの容量不足になっていました。

やはりきれいな画面は容量が大きいですね。

結局撮り溜めてもなかなか見ないものです。あとでみると思っても見る時間もあまりありません。やっぱりその時に見ないとダメですよね。と言って、DVDに落として保存しておいてあとで見る?これも見ないです。

なんだか、これじゃ撮る意味もないような気もします。映画は、お気に入りのものだけDVDに移しました。

Sdsc_0025_20200115230901

昨夜は、ブルーレイに入れるだけ入れて保存しました。

一気に、録画を消せます。空きが出来るとまた安心して、録画しちゃいそうです。結局録画したのに全部、オンタイムで見てしまったものもありました。

整理が下手な私は、これの繰り返し!録画しておくと妙に安心して、いつでも見れると思っちゃうんです。でも最近、TVも面白くないものが多く放映されるので、そういう時は、やはりお気に入りの録画を見ることにしています。今年は、ちょっと考えを変えてみようかな?と言いつつ、もう予約した番組があります。(笑)

2019年10月 4日 (金)

久しぶりの映画

Fuji

昨日は、買い物や雑用で近く町に出かけてきました。ちょうどよい時間だったので「記憶にございません」を見てきました。

まあ、三谷さんの映画なのでおもしろいとは思っていましたが、配役がよかったです。

全く配役なども見て行かなかったので最後まで分からない人もいましたが、エンドロールで納得です。

まさか、有働キャスターやRolly,お久しぶりの山口崇さん、他にも思わぬ人が出ていて面白かったです。

久しぶりの映画!やっぱり映画はいいですね。

 

 

2019年10月 3日 (木)

AIの技術ってすごい!

 

先日の日曜でしたか?美空ひばりがAIでよみがえるというNHKのドキュメンタリー番組を偶然みていたらどんどん引き込まれて行きました。

すごい!の一言です。今は亡くなってしまった美空ひばりさんが、AIの力で見事よみがえっていました。とにかく歌声が本当にひばりさんが歌っているようでした。

これには賛否両論あるようですが、純粋に亡くなった人に会いたいという気持ちは皆さん、ありますよね。

私だって、両親に会って、今は元気にやってるということ、孫たちのこと、本当に伝えたいです。そんなことが出来たら夢のようですね。ひばりさんの新曲「あれから」は、本当に良い曲でした。合成音声と言えども本当にリアル。涙が出ます。

来月は父の23回忌。こんな風に法事の時に現れてくれたらうれしいです。まあそんなことはないですが、思い出してあげることが供養だといつも言われています。

2019年2月 8日 (金)

最後の最後に見てきました!

 

上映もいよいよ終わり!ようやく行ってきました。Queenは、我が学生時代!青春の1ページです。娘からは、プレミアムシートで見ると臨場感が最高だよ!とのことでしたが、私の行った映画館には、ありませんでした。もしかして、昨年あたりは、そのシートがあったのかもしれませんけどね。なにしろ上映最後となると、とにかく絶対見たいという気持ちでした。

学生時代から、Queenというだけで、曲は知っていても、裏側というようなものは全く知りませんでした。今更ながら偉大さがよくわかりました。涙なしでは見れませんでしたね。才能って、本当にすごいです。そして仲間の存在!大きいです。

後半は、まるで自分がコンサート会場にいる感じで、楽しめました♪もっともっと歌って欲しかったですね。今度レコードを聴くときは、別の意味で考えながら聴けるような気がしています。

とてもよい映画でした。

追伸・・・また別な意味で、映画の中で驚いたことがありました。それは、次回ということで。

2019年1月31日 (木)

この道

Konomiit
今朝、早く映画を見てきました。なんと、朝8:20から上映です。それもこの映画のことは知っていたのですが、体調不良で映画もゆっくり見れないなあと思っていたら今日が最終日で、1日1回上映となり、この時間のみでした。それじゃなんとしても行かなくちゃ! 

体調は戻りましたが、やはり咳が出るので、飴を持って飲み物を買って準備万端で映画館へ。さすがに広い会場に10人ぐらいしか観客は居ませんでした。 

最初に「この道」の合唱が流れ、なんだか胸がいっぱいになってしまいました。よく母が、この曲や「からたちの花」など歌ってくれたからです。 

この道 ←クリックしてみてください!ほかにも懐かしい童謡が聞けます。 

Photo 

Photo_2
(ネットからお借りしました) 

懐かしい箱根の富士屋ホテルが撮影場所で使われておりました。

昔の歌というか、今になってもいつでも歌える歌を北原白秋と山田耕作が作ったということは本当に素晴らしいです。今まで小田原市でもあまり取り上げることは少なかったかと思います。この映画を見た方が、小田原を訪ねられるといいですね。

春には小田原城の周りは桜はとてもきれいですし、ゆっくり歩いて海も見に行くのもいいですね。お魚も美味しいです。って、宣伝している私が行きたくなりました。

 

2018年11月16日 (金)

今日は映画に~♪

Hibi
(ネットからお借りしました)

今日は、前から見に行こうと思っていた「日日是好日」を見てきました。学生時代から、就職してからも少し通っていたお教室。結婚と同時に通えなくなりましたけど、とても今の生活でも役立っています。

この映画は、樹木希林さんの遺作となりましたが、希林さんと共演の女優さんたちも本当に自然な演技で、素晴らしかったです。私自身もそのお席に一緒にいるようにさえ感じるくらいの自然さです。(私が参加したかったのかも)

私も、すっかり忘れてしまったお作法も、そういえばそうそう!映画から離れてまさに、お作法の復習をしてしまいました。でも、今は、そのほとんどを忘れています。でも上の娘が習う機会があって、袱紗もお稽古の道具も渡してあげたのでわが家には、茶筅とお茶碗がいくつかしかありません。そういえば、このところ抹茶もいただいてなかったです。抹茶のアイスクリームやお菓子はいつも食べているのにね。

映画を見終わって、日本の四季って素晴らしい!お茶では、まずはお菓子!お茶を習うのに、一番楽しみなのは、「今日のお菓子は何だろう!」って。驚きの美しい素晴らしいお菓子に出会えます。お軸もまた意味があっていいですね。

「日日是好日」毎日が良い日になるように!いい言葉です。「一期一会」もよくお茶の先生に言われたものです。この映画を見終わって、日本は四季があるのだから、それを大事に日常生活も送っていきたいなあと思いました。わが家の小さな庭にも茶花が咲いています。

2017年9月 9日 (土)

戦争を怖さを知る!

Mitusima
久しぶりに映画を見てきました。「海辺の生と死」昨日が最終日でした。夕方からの放映でしたが、小さな映画館はいっぱいでした。

昭和19年太平洋戦争末期の奄美の島に特攻隊の隊長が着任して、島の国民学校の先生と知り合いになっていくものですが、とにかく戦争の恐ろしさ、悲しさを静かではあるが、強烈に表現していました。兵士の出征や島民の自決もぎりぎりのところで、そこに至らずにすみました。3日後に終戦!生死を目の前に、奄美の島の方々のご苦労もひしひし伝わってきました。

あとで知ったのですが、あの「死の棘」を書いた島尾敏雄の私小説とのこと。奥様は島尾ミホさんです。

「死の棘」は1990年、あの映画も見ていました。内容は、忘れるくらいですが、あの映画も怖かったのを覚えてします。

満島ひかりが難しい役を好演していました。彼女のほかの映画は見ていないのですが、迫力はすごいものです。本当の女優だと思います。

この「海辺の生と死」を見てから「死の棘」を見ると、島尾夫妻の生活のリアルなところが良く分かったことでしょう。しかし自分たちのことを映画にしてしまった島尾夫妻は、どんな人生だったかと思います。もう今は、お二人ともこの世にいらっしゃらないので聞くことはできませんけどね。

それにしても私は、戦争を知らない世代ですが、二度と戦争を起こすような世の中になってはいけませんね。

2017年5月24日 (水)

撮りためたTVビデオ

ついつい、とりあえず録画しておこうとTVのビデオをカチャする!

撮ってあると安心して好きな時間に見れるわ!って思うんですけど、なかなか見れないものです。そこで、今日は、午前中一気に録画ビデオの整理に取り掛かりました。映画は好きで、特にBSだと宣伝が入らないので良く撮ります。

Scimg7899
そのうちに、ハードディスクもいっぱいになってきます。

今日は、映画8本を一気にブルーレイに移しました。ほかにも、恐竜が好きな孫のビデオもDVDに移しました。健康ビデオ、旅行、ダンス、いろいろあります。でもまだまだ残っていますが、再確認しながら消していきます。これも断捨離ですね。

しかし、撮りためたビデオ、いつ見終わるかな?

2017年3月23日 (木)

映画の予約

Scimg7399_3

昨日、ちょっと時間ができたので、思いきって前から見たかった映画を見に行ってきました。最近は、窓口に並ぶのも大変なのでネットで予約しています。 

まして、春休みで親子連れで結構見に来ていますので、窓口でのチケット購入も結構並んでいました。 

ネット予約だと、ぎりぎりの時間で間に合うし、自分の好きな席を取れる。老眼の私はできれば一番後ろかその前ぐらいに座りたい。そこでネットだと希望の席をカチャて押すだけでOK。変更も自由。 

今までは、ネットで予約すると100円取られたけれど、今回はそれが無くなっていたので1,100円で見ることができました。 

ネットでの予約は、もちろんメールで確定の返事がきます。今回から送られてきたQRコードを画面にかざすだけでチケットが出てきました。前は予約番号を打ち込んで電話番号も打ち込んで出てきたのですから相当手間が無くなりました。 

どんどん、いろいろなことが便利になってきますが、おばさん(私のこと)どこまでついて行けるのかしら?ほかのことでも、サポートによく電話します。

今朝は、Ipadのことでアップルへ電話を入れました。こういう時は、「高齢者ですが。。。」って言うんです。そうするとかなり優しい物言いになります。(笑)