2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター



天気予報



  • -天気予報コム-

リンク集

  • 静ばあちゃんのひとりごと
    いつも素敵な静ばあちゃん、素敵な景色や美味しい食べ物の紹介!人生、前向きな姿にいつも感動しています。
  • フランソワさんのブログ
    ダンスのお話やお料理のお話!もちろん、お庭のステキなバラを拝見できますよ。
  • 気がつけば82歳
    90歳の今、パワフルに活動されている方です。先輩を見習わなければ♪「ガッテン」にも載りました。前向きでとても謙虚!ブログを読むとほっこりしますよ♪
  • 「料理と趣味の部屋」
    素敵な写真と美味しいお料理が味わえます!
  • ポレポレ
    素敵なページを楽しみに!
無料ブログはココログ

2017年9月28日 (木)

ソボ/マゴ展の作品

昨日、出かけて作品の紹介です! 

Cimg9210_2 

ギャラリーミロの入り口です。 

Cimg9180
お二人の作品がたくさん並べられています。 

Cimg9181

 

Cimg9183 

Cimg9185 

Cimg9187 

Cimg9196 

Cimg9202 

Cimg9193
作品すべては、ご紹介できませんが、お出かけになられれば、お二人の笑顔が待っていてくれます。

Cimg9190_2

Cimg9191

お二人ともいつまでも素敵な絵を描かれてくださいね。ありがとうございました。

2016年8月13日 (土)

ルノワール展へ

お友達に誘われてルノワール展へ行ってきました。 

Cimg5115 

オルセー美術館所蔵の「田舎のダンス」「都会のダンス」が45年ぶりに揃って来日だそうです。 

Runo 

この絵には深い意味があることを知り、それなりにまた絵を見ながらその時代、ルノワール、ユトリロ、、、絵の中に奥深い意味があるのだということも知りました。ご興味がある方は、URLをご覧になってくださいね。

http://morikoji.net/blog-entry-3.html 

実は、ダンスは3部作でした。 

下の絵は、「ブージヴァルのダンス」と言って、現在は、名古屋のボストン美術館で展示されているようです。 

America_374

あれ?どこかで見たことあるなあと思い、8年前にアメリカに行ったときの写真から探し出しました。あった!あった!

ボストン美術館で見たものでした。その時は、ルノワールかモネか、という感じでみていたのですが、ダンス3部作の一つとは気が付きませんでした。でもアメリカの美術館って、セキュリティーチェックは厳しかったものの絵の写真とかは自由に撮らせてくれました。

もちろん、近くの学芸員に写真を撮っていいか尋ねましたが、すぐに、どうぞ!という答えでした。だから、こうやって自分の写真のフォルダから見ることができました。寛大な美術館に感謝しますlovelyこのモデルがユトリロのお母さんだったとは、、、

絵の背景を知るとたま面白いものです。

ついでにボストン美術館でみたこの写真も載せてみます。モネの睡蓮です。

America_373

2015年2月26日 (木)

徳川美術館

Scimg0115

無事徳川美術館に到着です。

Scimg0116

徳川家の雛まつりの展示をしています。

行く前にネットで割引券を印刷していったので200円お安く入ることができました。やっぱりインターネットで検索しておいてよかったです。

Scimg0118

入り口ロビーにはこのお雛さまが飾られていました。でも、本当に見たいお雛さまは撮影禁止でした。

Scimg0124

犬の張子も置かれていました。

Scimg0121

Scimg0123

そして、享保雛を拝見しました。

Scimg0122

Scimg0119

Scimg0120

展示のお雛さまは素晴らしくて、本当に楽しむことができました。

尾張の徳川家が本当に大事に今の時代まで引き継いでいらっしゃいました。

その時代時代のお嫁入りの時のものも大切にされています。その貴重なお雛さまを拝見させていただけてありがたいことですね。

平日でしたので、ボランティアの方が美術館内を案内してくださいました。

以前、行ったときは美術品を見ただけでしたが、今回は、美術品そのものの意味、歴史の話、尾張家の話、とても有意義なご案内に感謝です。

また中国の影響を受けているということで、青磁の陶器、水差しにいたるまで中国の雰囲気を感じられるものを見せていただきました。

今年は、いろいろなイベントを企画されているそうで、また機会があったら訪れたい場所です。

2014年11月12日 (水)

伊勢型紙・型染め

Ise

 

先日、お友達にこんなに素敵なコースターをいただきました。 

伊勢型紙で型染めされたものです。 

ものすごく細かい技術ですね。根気がないととてもできません。 

伊勢型紙 ←こちらをクリック 

この藍色は、作られた方のご実家の畑で(会津)育てたものを染めた作品だそうです。 

柄は、伊勢えびをモチーフにされて作られているそうです。 

写真をクリックすると海老が見えると思います。本当に細かい作業の連続ですね。

大事に使わないでとっておきたいくらいですけど、使ってあげたほうが染めの温かみを感じることができるような気がします。

さっそくコーヒーにお茶に使わせていただいております。心が豊かな落ち着いた気持ちになりました。プレゼントありがとうございました。

2014年9月25日 (木)

三鷹のモニュメント

時々、三鷹へ行っています。といっても久しぶりです。 

以前から、中央通りにモニュメントがあると聞いていました。三鷹と言えば太宰治、山本有三は有名ですが、こちらのモニュメント見れば納得ですね。 

カメラを持って行かなかったのでスマホでパチリ!

 

Img00280

 

Img00281
あかとんぼの碑です。

 

Img00282
ちょっと歌いたくなりますね。

 

Img00284

 

Img00285
武者小路実篤 

太宰治の入水場所もすぐそばです。↓ 

Img00287

 

Img00288

 

Img00289

 

Img00290

 

Img00291 

三鷹通り商店会~4つのモニュメント ←こちらをクリック!

詳しい内容が読めます。

しかし、モニュメントの数は知らなかったのですが、ちょうど4つ見つかってよかったです。短い時間の宝さがしのようでした。

2014年9月24日 (水)

初秋の散歩

 

秋の1日、都内のあちこちに散歩がてら、でかけてきました。 

まずは、国立新美術館で開催されている「オルセー美術館展」、マネの「笛を吹く少年」は、音楽室や教科書などで良く見かけましたが、実際の大きさにびっくり!本物はやはり違いますね。他にも母の大好きだったミレーの「晩鐘」!母に見せたかったなあ!他にもすばらしい作品ばかりでした。ちょっと早めの芸術の秋になりました。 

Img00271

 

せっかく出かけたので美術館周りも散策したかったのですが、次の予定もあり今回は、すぐに地下鉄で移動!

日本橋へ行きました。アートアクアリウムというのを見たかったためです。

~江戸・金魚の涼~というものですが、かなり混んでいるのでまずは、三越でランチして、時間をずらしました。予定通り、長蛇の列は少し解消しておりました。

会場は、フラッシュをたかなければ写真撮影OKでしたので、古いデジカメですが撮ってみました。あまり写りはよくないですが、雰囲気を見ていただけたらうれしいです。

でも、金魚が狭い水槽で泳いでいるのがちょっとかわいそうになりました。

今度は日本橋をあとにして、東京駅まで歩きました。

私は、3度目になりますが、スカイバス(2階建て)に乗って、皇居や官公庁、銀座を回りました。もう、頭上にはいちょうの実がなっておりました。

ついでに、目の前のKITTEで、実際、お友達に出す郵便物を投函して、上のテラスへ上がりました。東京駅舎も上から眺め、さて帰宅!

2重橋前まで歩き、4時には家に着きました。慌しいお散歩?もしかしてお散歩にはなっていなかったかもcoldsweats01

暑い間は、歩きませんでしたので、これからちょっとづつ無理ないお散歩をしようと思いました。

2013年8月 1日 (木)

ドリームガールズを見てきました!

Mainvisual_13_dreamgirls 

昨夜は、渋谷のヒカリエで「ドリームガールズ」を見てきました!

映画もみてDVDでもみて、本物のミュージカルもみました。

入り口で、ローソンの新浪CEOがいらっしゃいました。

提供はローソンも入っていたのでそうだったのですね。そのあと政治家や官僚も続々といい席に座られました。森久美子さんは、私のすぐ近く!

私も5月にネットでチケットを取ったので意外と1階のいい席でした。

まあ、2時間以上の講演で素晴らしかったですね。映画やDVDとまた違って生演奏で、迫力がすごかったです。そのまま余韻に浸ったままの帰宅!

まるで会場が、NYのアポロシアターにいる錯覚に陥るくらいです。

同じNYのブロードウェーで何年か前、「ヘアスプレイ」を見た時と同じ感覚でした。でも今回は、日本語の字幕つきでした。字幕が無くともストーリーを知っていた私は、舞台のスターにくぎ付けでした。

本当に素晴らしかったです。

2013年5月19日 (日)

下北沢までお散歩

P5150010 

イザベラ・バードの写真展をみて、学食ランチ後は、すぐお隣にある旧前田侯爵家(洋館)へ行くことにしました。ここは、東京都の指定有形文化財にしてされています。

P5150015 

この建物は、旧加賀百万石前田家の本邸として昭和4年に建築されたそうです。

P5150035 

2階への階段もいっそう素敵でした。

P5150039 

集会室もまた趣がありました。私など、ここでダンスパーティでもあったのかなぁ?と思うほど床もよかったですね。

P5150040 

もちろん、和室もありました。女中さんのお部屋もいくつかあり、この時代、女中さんを大勢抱えていらしたのだなあと思いました。

P5150027

特に気に入ったのは、各お部屋から見える新緑のお庭です。本当に緑鮮やかで、素晴らしかったです。素敵なお庭を見ながらのティータイムは心が癒されますね。

P5150052 

こちらは、隙間からシャンデリアの光がもれておりました。

P5150018 

P5150047 

P5150051 

各お部屋には、こんな素敵なシャンデリアが天井についていました。

本当に素敵でした。

******************************************************

ガラッと変わって、下北沢までそう遠くなさそうだということで駒場公園から歩くことにしました。お友達がスマホでナビしてくれました。

途中下北の雑貨屋さんをあちこちのぞいたり、お菓子屋さんのおばさんに声をかけられ、ちょっと寄り道!誘われる??ままに、お菓子を購入!

ピーナツたっぷり、アーモンドたっぷり!体重もたっぷり増えました。

ウォーキングの意味もなくなりましたが楽しい一日を過ごせました。

P5150055 

駅近くで、雑貨屋さんを発見!下北沢の駅もすっかり変わり、歩いていたら井の頭線の駅についてしまったので、ついでに雑貨屋さんで道を尋ねました。

その雑貨屋さんは、とても目立たないところにあり、おじさんが一人でやっていました。私は、雑貨が大好き!可愛いノートを最後に買いました。

Sp5170111

今から何を書こうか楽しみです。デジブラ散歩は、これから暑くなるので涼しい日しかできなくなりますね。

5月のさわやかな季節、もう少し楽しみたいと思います。

2013年5月17日 (金)

イザベラ・バードって女性知っていますか?

P5150002 

先日、お友達のお家に遊びに行った時、「イザベラ・バードって人知ってる?」と言われ、私は、初めて聞く名前でした。いろいろ話を聞いているうちに、日本の明治初期に日本に来て、「日本奥地紀行」なるものを書いた英国の女性旅行家ということでした。

その時は、そうなんだ~!としか思わなかったのですが、家に帰ってネットで調べたら、すごい女性だということがわかりました。何しろ、22歳から70歳まで世界を旅行し、スケッチが銅版画で残っているのです。

P5150001_2 

次に調べていったら、タイムリーにも今、東大の駒場の博物館で写真展もしているというのを見つけ、さっそくお友達にメールをして翌日、もう駒場へ向かいました。

P5150004 

地理学者の金坂先生は、イザベラ・バード氏が訪れた場所を20年以上もかけて撮影されたようです。

(残念ながら中の撮影は禁止なのでお見せできないのが残念です。)

イザベラ・バード氏の銅版画と同じ場所を撮影されているので、その対比がとても楽しいものでした。よくその当時の様子もわかり、大いに興味をそそられました。あの時代によく女性が奥地を旅したというのもすごいことですね。

P5150005 

また 国内はもとより、この写真展は、海外でも開催されているようでした。

お友達に、このことを聞かなければ、もちろん、知らないままでしたけれどちょうど今、開催されているのも不思議!イザベラさんが、「見に来てね~♪」と誘ってくれたのかしら?

イザベラ・バードの旅の世界

Photo 

その後、東大の学食でランチ!500円で盛りだくさん!

ちょっとリッチにサラダバーをつけても640円!

レシートにはカロリーも表示されていました。ちょっと食べすぎ900calpig

さてさて、この後は、ウォーキングもしなくちゃね!さわやかな5月の風に吹かれながらもう少しお散歩しました!

2012年3月 5日 (月)

素敵なお雛様

Cimg0005w400 

Cimg0003w400

目黒の雅叙園で開かれていた「百段雛祭り」に出かけてきました。

一度は行ってみたかったところです。

Cimg0004w400

Cimg0006w400

ひな遊びとは、まさにこのこと!という感じでした。

それも昔のお雛様は、気品があって美しい!

気高さのあるお雛さまと、しばし、お会いして来ました。

Cimg0007w400

お道具も素晴らしい。お雛様も素敵でしたが、お道具にも心を奪われました。

精巧にできているものばかりです。今も、職人はいらっしゃるのかしら?

Cimg0008w400

このミニチュアには驚きました。水屋がそのまま出来上がっていました。

昔の生活が見えるようでした。来年も機会があれば、またお雛様にお会いしたいですね。

※中は、写真撮影ダメでしたので、パンフレットを購入しました。

そのパンフレットの写真なのできれいに見えなくてごめんなさいね。