2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター



天気予報



  • -天気予報コム-

リンク集

無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

久しぶりのウォーキング

Dsc_0587_3

昨日は、お天気になりましたが、外はやはり寒いです。でも今日よりはよさそうなので、買い物がてら少し歩いてきました。これはピラカンサスでしょうか?真っ赤でした。

Dsc_0588

スマホで撮りましたので、あまりきれいな色ではありませんが、本当は、もっと色が鮮やかなんです。きれいに紅葉していました。

途中、誘惑されそうなお店もありましたが、写真だけ撮ってさようなら~~~

Dsc_0591_3

いつもと違う道を通ったら、ちょっと間違えそうになりましたが、なんとか目的地まで着きました。電車で2駅分です。ここまで歩いたら10,000歩は行くかと思ったら意外と行かないものです。

Dsc_0592

帰りも少し歩こうと思って、買い物は、ほんの少し必要なもので軽いものにしたのですが、やはり寒くて挫折!帰りは電車に乗ってしまいました。

結局、家について歩数計をみたら、8,600歩でした。10,000歩、歩くってやっぱり大変だわ。この前ネットで、6,000歩歩けばいいみたいなことが書いてありました。自分に甘く、6,000歩は超えたからヨシヨシ!!

2016年11月29日 (火)

珍しい塩

Cimg6366
珍しいお塩を友人からいただきました。 

ペルーのマラス塩田の塩だそうです。

マラス塩田←カチャしてね。

ミネラル分が豊富なお塩だそうです。さっそく、大根を塩もみして大根の酢の物を作りました。

Cimg6367

大根と、さきいか、お酢のさっぱり酢の物。毎年作ります。

大根を使うと冬~♪って感じがしてきます。

2016年11月28日 (月)

皇帝ダリアがかわいそう

Cimg6346_2
もうすぐ満開だった皇帝ダリア!

11月に雪なんて考えてもいませんでした。

Cimg6347
12月まできれいに咲いて見られると思っていました。 

しかし、突然24日に雪が降りました

Cimg6352

一気にこんな感じに~!それだけならよかったのですが、途中で、ボキッって折れてしまいました。まあかわいそう。12月になって霜が降りたらだめだろうな!と思っていたのですが、11月の雪!本当にかわいそうでした。 

翌日、あちこちでやはり皇帝ダリアはだめになった家が多かったようで、あちこちから「うちも折れちゃった!」という声が聞こえてきました。 

また、来年ですね。でも咲いてくれてありがとう!

2016年11月27日 (日)

高幡不動尊

先日、知り合いからこのような催しがあるとメールをいただきました。 

実は、私は高幡不動には行ったことがありませんでした。近くの多摩動物園には行ったんですけどね。 

そこで、11月22日23日に「たかはたもみじ灯路」が開かれているとのこと。たくさんの写真を送ってくださったので、こちらのブログにアップさせていただきます。 

とても幻想的で素敵です。また行く機会があれば訪ねてみたい場所ですね。 

001_2

 

002

 

004

 

008

 

011

 

005

 

012
路地にも輝いているそうです。 

牛乳パックを利用して作られているものもあるそうです。 

いずれにしてもとてもきれいな写真でした。 

高幡不動尊は紫陽花もきれいだそうです。

 

高幡不動尊 ←カチャしてね

2016年11月23日 (水)

真田丸ブームの上田城へ向かいます!

今度は、NHKの真田丸ブームの上田城へ行きました。 

Pb071753
もう長野県は、どこへ行っても真田丸ブーム!お土産やさんは、もちろん、すべてと言っていいくらい、何のお土産にも真田丸という文字が書かれていました。 

Pb071735

 

Pb071747

 

Pb071755
ここでもイチョウが色づいて本当にきれいでした。 

Pb071763
上田城址に向かいます。最近は、真田丸だけでなく、NHKは宣伝もあって、各地の城を紹介しています。その辺もすでに見ているので、予習は済んでいたかもしれません。 

Pb071764

 

Pb071766
さすが大きな石でした。 

Pb071767
これじゃ、動かせないですね。 

Pb071770 

門の奥には真田神社がありました。→http://sanada-jinja.com/ 

Pb071771 

Pb071788
上田城→http://www.ueda-cb.gr.jp/uedajo/about.html 

なかなか歴史ある建物ですね。以前小諸城には行ったことがありましたが、上田城は、やはり真田丸が取り上げられて特に観光客が多くなったみたいです。上田市民の応援がなにしろすごいです。 

そしてブームが去ったあとのことも考えているようです。大河ドラマさまさまですね。 

Pb071792 

Pb071798 

Pb071800
ドラマ館の中は、撮影できませんでしたが、3Dで映像が見られたりして楽しかったです。 

でもやはり、外の風景にはかないませんね。水面に紅葉が写ってきれいでした。もうすぐ、大河ドラマも終わりに近づきました。三谷さんの脚本は、賛否両論あるようですが、私は結構楽しめました。といっても、この前は大阪城に砲弾打たれたから、いよいよ終わりに近づいてきました。真田幸村の最後は気になるところですが、いろいろ所説はあるようですね。 

疲れて休んでいたら、首をはねられたとか。いや、あれは影武者だとか。

まあ、最後はどうでも、もうこの世にいない幸村の伝説は、想像をかきたてますね。最後の大河ドラマではどうなるか楽しみです。結論はだれもがわかっているのですが、やっぱり三谷さんの描き方を楽しみにしていましょう。 

2016年11月22日 (火)

本当に短い時間で~♪

奈良井宿は1kmにわたって、宿場の雰囲気をかもし出しています。ですから、のんびりゆっくり散策するのがベストです。とはいえ、何しろバスツアーの難点は時間厳守!

ところが、行ったその日は運よく「皇女和宮御下向行列」がこの奈良井宿を通るとのこと。せっかく来たのだから、それも見たいと思いました。バスの出発時間は、本来は14:00!行列は奈良井駅出発が14:00!それじゃ間に合わない!

それでもバス会社の配慮で20分遅らせてくれました。でもバスの乗り場まで1kmあります。さてさて、まずは写真から見てくださいませ。

Pb061691
あちこちにこのチラシが貼られていました。

Pb061702
いよいよバスが到着して、行列のご一行さまです。

Pb061697
さあ、刀を差して!出発準備!

Pb061703

Pb061704
さあ、14:00になりますよ。並びましょう。私も、早く出立しないかと、今か今かと待っていました。何しろバスの時間も気になります

Pb061711
最後に和宮さまが、お籠に乗られ準備OK!

Pb061713

Pb061716
お殿様ならぬ市長さんがご挨拶!

Pb061719

Pb061726

Pb061727

Pb061725

実際は、11月4日に奈良井宿を通られたそうです。江戸まで、まだ遠いですね。

さて、なんとか行列が出発して、200mぐらい。全体像もなんとか見れたので満足!さあ~バスまでダッシュです。それ~~~dash!!

セーフ♪sweat01ほぼ、800mは、走ったかな?dashスロージョギング程度かな?

なんとか間に合って、ほっとしました。なかなか見れるものではないので、頑張ってしまいました。coldsweats01

2016年11月21日 (月)

木曽へ(奈良井宿)

木曽の奈良井宿へ行ってきました。といっても、11月の初めです。 

Pb061640Pb061636Pb061645
紅葉もとてもきれいでした。 

Pb061656Pb061669
バスツアーの団体さんなので、時間が許される範囲ということで実はあわただしかったです。それでも、お昼を早々引き上げ、どんどん、見て回りました。 

あるお寺(大宝寺)でマリア地蔵尊があるという話を聞いて行ってみることにしました。というのも、臨済宗のお寺にマリアさま?とても不思議でした。 

Pb061662 

これは大宝寺の入り口です。 

Pb061663

 

Pb061667 

キリシタン禁制の江戸時代、木曽路にもキリシタンを信仰する人がいたんですね。 

Pb061665 

仏教の子育て地蔵になぞられた石像のようです。かわいそうに首がありませんでした。 

Pb061666
近寄って写真を撮ってみると胸のところに十字架を見ることができました。 

悲惨な像でしたが、隠れキリシタンが木曽にもいたということを初めて知りました。 

Pb061671 

大宝寺のお庭も素敵でしたが、尼さんが出てこられ、嵯峨流の庭園というお話でした。 

Pb061674 

こちらのお寺には、山岡鉄舟筆の額も廊下に飾ってありました。そちらは写真撮影は禁止でしたので、拝見だけさせていただきました。 

前にも奈良井宿には行ったことがありましたが、由緒あるお寺を訪ねたことはありませんでした。桜の時期もよさそうです。また機会があれば行ってみたいところです。 

2016年11月20日 (日)

お隣の奥さん

Img_20161120_0002_news
お隣の奥さんのピアノリサイタルがあり、代官山まで出かけてきました。 

毎日練習を欠かさずされているのでよく聞こえてきます。何か月前かにお誘いがあったので今日がその日でした。かなり難しい曲が多く、私のようなクラッシックが素人ですと曲自体聞いたことがあるような無いような感じ。( 恥ずかしい限りです。)

ただ、本物の音楽はやはりいいですね。今回はチェロとデュオリサイタルでした。 

アンコールで、サンサーンスの白鳥を弾いてくださったときは、本当によかったです。(妙にほっとしてね♪)

2016年11月 4日 (金)

孤食と共食

先日、「孤食と共食から現代文化を考える」という講演会へ行ってきました。 

「食」と呼ばれるものには、いろいろあるのですね。改めて知りました。「孤食」「共食」「飽食」「豊食」「崩食」「個食」「バイキング食」「バラバラ食」「中食」etc.現在は「食育」についてもかなり報道されているので、あらゆる方面で気づかれる方も多いかと思います。 

孤食が増えるのは、社会問題でもありますが、簡単に解決できるものではないと思いました。共食したくともできない現実があります。私たちの子供の頃は、父親が仕事から帰るのを待って家族全員で食卓を囲んでおりました。 

今は、これは簡単なことではありません。母親と子供たちが一緒に朝食や夕食を囲めることはだけでもやっとです。自営業の方なら、一部可能なことにもなるかもしれませんが、普通のサラリーマンではかなり難しいかもしれませんね。 

その上、子供たちも塾にお稽古ごともあります。親も子供も忙しい。

東京都の小池知事が20:00退庁に声をあげましたが、実質はどうなんでしょうね。それに今の時代、職場と家が離れている状態(郊外しか住めない)では、父親が帰るころには、小さい子供は夕食を済ませ、お風呂に入り就寝ですものね。まあ、それでも、土日に家族で食卓を囲めればいいほうです。でも土日に出張やゴルフなど入れば、それさえ無理ですね。 

もちろん、我が家もそんな時代もありました。望んでも無理なことは多いです。

次に共食の意味ですが、ただ共に食べるということだけでなく、一緒に食べる人は家族に限らなくてよい、また一緒に料理をする、一緒に食事を楽しむも含まれるそうです。現在核家族が普通のようになっているこの時代、おじいちゃん、おばあちゃん、たまたま遊びに来ていた、近所の○男くん、○子ちゃんとも一緒に食べることができたら楽しいですね。そうすれば家族団らんの衰退も防いで行けるかもしれません。言い訳になりますが、これも両親が働いていると(現在女性は70%働いている現実)これさえ難しい。

ジェンダー不平等~「私作る人僕食べる人?」も少しづつ変わっていかないと「女性の活躍」なんて難しい!

最近では、ママカフェなるものや子供食堂があちこちできていているそうです。子供食堂では親子で食べるところもあるそうです。昔は貧しい家庭の子供が夕食にパンを1つかじっていたこともあったといことで、そういう子供たちに栄養をつけさせるために開いていたそうです。

今は、夕飯を1人で食べる子供も多くなってきているので、そのための子供食堂でもあるそうです。母親も残業で帰ってきてそれから食事の支度では大変ですものね。時代のニーズに合っているのかもしれませんが、今の世の中、先が心配になるのは私だけでしょうか?

差し迫っている高齢者の共食という問題もあります。高齢になってお一人で食事される方も多くなってきています。子供の問題と一緒に社会は今後考えていく方向にある問題ですね。

食の問題はまだまだいろいろありますが、長くなりすぎましたので今日は、この辺で。

1  2  Photo_2

2016年11月 3日 (木)

今年の皇帝ダリア

Cimg6125s

今年の皇帝ダリアはまだこんな感じです。今日はお天気になったのでちょっぴり花芽が見えるようですが、夏の頃、ちょっと鳥に狙われたので、花芽が少なくなっています。

明日もお天気のようです。そろそろピンクの花を見せてほしいと思っています。

寒くなってきたので、霜にやられると一気に終わってしまうので、心配です。でもさすがにまだ霜はねえ♪と思っていますけどね。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »