2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター



天気予報



  • -天気予報コム-

リンク集

無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

驚いたシーラカンス!

Cimg6112
のらくろ館を出て、清澄白河の駅に向おうと思ったら、なにか巨大な魚? 

えぇ!でも違う!?もしかして、シーラカンス?なぜこんなところに?でもすごいインパクトで思わず見入ってしまいました。 

Cimg6113
この橋のたもとに鎮座?していましたよ。 

そろそろ最後の目的地にお友達に連れてきてもらいました。 

Cimg6115
深川めしのお店です。なんでもTVに出たとかで、お客さんが並ぶそうです。 お釜が目印です。

私たちは平日でしたので、なんとか無事入ることができました。深川めしは何年か前に、はとバスツアーで、落語を聞いて赤穂浪士のお墓参りツアー?の時に食べた以来でした。そういえば、本所松坂町も近いはず!吉良様のお屋敷は今は公園になっているとか。(ちょっと関係なかったですけどね) 

Cimg6114
このあさりの山を見てください!メニューを見てたぶん量が多そうだと思い、深川めしとお味噌汁のみを頼んだのですが、こんなに山盛り! 

実はいくら食べても減らないんです。休み休み食べてなんとか完食!お友達の話によると、お客さんが多いのは、お安い値段で量も多いので人気があるようです。もちろん、夕食は食べれませんでした。本当にごちそうさまです。 

最後に、おでん種とさつまあげのお店、以前お友達にいただいてとても美味しかったので、そのお店にも連れて行ってもらいました。 

Cimg6117

 

Cimg6116

量は少しにしていろいろな種類を買ってみました。 

ぎょうざやシュウマイ、カレーなんていうのもあります。真ん中に「にくらし揚げ」というのがあって、何だろうと思い、意味を聞いてみました。なんてことない「ニラ、シイタケ、きくらげ」が入ったさつま揚げでした。ネーミングも楽しいお店でした。 

今回は短い時間で3か所回れて、以前から行ってみたかった深川めしのお店にも連れて行ってもらい大満足のウォーキングDAYになりました。 

美味しいものが最後にあるウォーキングは足取りも軽くなりますね。うふふ

2016年10月29日 (土)

第2の目的地到着

目的地ののらくろ館に到着いたしました。 

Cimg6102
のらくろは、江東区の親善大使だそうです。 

作者の田河水泡さんは、幼少期から青年期まで江東区で過ごされたそうです。 

Cimg6104 

Cimg6105
晩年は、玉川学園に住まれていました。以前、玉川学園を散歩したときにお家も見つけたことがあります。近くに赤瀬川原平さんの家もありました。

Cimg6106

Cimg6108

Cimg6109

園芸にご興味があったことは存じ上げませんでした。本まで出されていらしたのですね。

のらくろ館をでると、商店街はのらくろがいっぱい。こんな看板のお店を見つけました。

Cimg6110

Cimg6111
第二の目的地、のらくろ館は、かわいいのらくろに会えてよかったです。

Cimg6103
この笑顔で、こちらも笑顔になりました。のらくろちゃん、またね~~~♪

2016年10月28日 (金)

ここでもスカイツリーが見えました!

Cimg6095_2
さて今度は次の目的地へ進みます。

ここからもきれいにスカイツリーが見えました。

Cimg6099
橋の欄干には、こんなものが・・・

Cimg6096_2

Cimg6097_2
橋のふもとには、石で作られたまあるい椅子が置かれています。

なんだか楽しそうな椅子ですね。

Cimg6098

歩いているといろいろ楽しいです。

狭い路地もお花がいっぱいあったり素敵です。

Cimg6100

あと少しで今日の行きたいところに着きます。

場所は、江東区森下文化センターです。

2016年10月27日 (木)

住吉からクローバー橋まで歩く

今日はとても良いお天気になりました。以前から友達とウォーキングに行こうと話していましたが、思いたって、今日出かけてきました。 

2
場所は江東区です。いつもダンスで錦糸町に行くので半蔵門線は慣れています。住吉という駅で降りて、クローバー橋を見てこようと思いました。

ちょうどNHKの「べっぴんさん」で四つ葉のクローバーの話が出てきますね。その意味は、TVでは、勇気、愛情、信頼、希望ということになっています。全部揃うと幸せになるんですよね。

見に行った橋には、四つ葉が描かれていました。

6

これは橋の中央です。

13
周りには、遊歩道が作られており、お散歩にはちょうどいいですね。そこまで時間がなかったので、4方向の橋の回り歩いてみました。

橋からみた風景がなかなか良かったです。

5

7

8

9
橋の上からはスカイツリーがきれいに見えました。

22

15
モニュメントもいろいろ水辺にありました。

17

18

16
このクローバー橋は、上から見るとよくわかるのですが、さすがに橋の上からはわかりません。ネットの写真をお借りして、上から見てみます。

こんな感じなんですね。

Kuroba
地図だと、こんな感じです。

4
ちょっと水辺に下りて、クローバー橋を下から撮ってみました。

19
実は、友達が今日は、深川めしのお店に案内してくれるとのこと。あんまりのんびりはできないので、クローバー橋をまた渡って、次の目的地へ向かいました。

2016年10月24日 (月)

地下壕探検

Photo 

8月に知り合いからメールをもらって慶応大学の地下に戦争中使っていた地下壕の見学会があるとのこと。「あるこう会」のメンバーらしいのですが。。。 

ともかく、なかなか行けるところではないので申し込みをしてみました。 

1 

慶応大学(日吉校舎)のイチョウ並木はまだ色づき始めです。もうかなり前になりますが、ここで「中島みゆき」のコンサートに友人たちと来た以来です。たしか学園祭だったと思います。懐かしいなあ♪ 

Photo_2 

もちろん、福沢諭吉さまにもご対面しました。 

今日の目的は、連合艦隊司令部の地下壕見学です。私たちのグループは11名、ほかにも2つほどグループがありましたが、日吉台地下壕保存会のボランティアさんの指示に従って行動します。最初に15分ほどガイダンスを聞いてからグループ別に見学となります。 

Tikas 

この地下壕には小学生(3年生以上)も見学したとボランティアさんがおっしゃっていました。 単独行動は禁止です。確かに中に入ると迷路のようになっているので迷子になったら出口がわからなくなりそうでした。 

写真は寄宿舎以外は撮影可能ですが、映像などはネットにアップは禁止されております。ですから、見学はしましたが中の様子は天井ぐらいしかご紹介できません。 

1_2 

よく見るとこの校舎にはこのようなコンクリートのしっかりしたプレートがありました。年代も刻んであります。 

5

 

6 

地図ってわかりますでしょうか?日本がわかりますね。 

さていよいよ、地下壕に入りました。 

1_3

 

2 

懐中電灯で写した天井のみです。地下壕は2.6キロも続きます。足元は入り口が一番急坂です。前のかたのあとを懐中電灯で照らしながら先に進みます。 

戦艦大和の出撃命令もここの作戦室から決められたそうです。結局、本土決戦にむけて準備はしたものの日本は負けてしまいました。 

司令部の海軍大将の部屋には、地下でも畳があったそうです。細かい説明がボランティアさんからいろいろありましたが、書ききれないので、こちらも参考になさってくださいね。 

日吉台地下壕保存会 ←こちらをクリック 

地下壕内でもいろいろ詳しく説明してくださったのでよくわかりました。 

それでも、保存会の皆さんや慶応大学のご協力で現存していることは後世に伝える意味深いものだと思いました。 

Photo_3 

換気坑もちゃんと掘られていて、数少ない構造物の一つです。キノコのように見えますね。「耐弾式竪坑」と呼ばれているものだそうです。 

Photo_4 

海軍はチャペルも使ったそうです。 

Photo_5 

最後に構内の寄宿舎も連合艦隊の司令部として使われていたとの説明も受けました。その当時で東洋一の寄宿舎だったようです。 

なにしろ個室で床暖、食堂、水洗トイレまで完備していたとのこと。お風呂はローマ風呂と言われていたそうです。 

長くなりましたが、まったく知らない世界を知り、戦争の悲惨さを後世に伝えていく必要性を強く感じました。2.6キロもある坑道をほとんど手堀りで進んで行った話には驚かされました。また、日本もほかの場所にも地下壕はまだ残っているそうです。 

今回見学した地下壕は、戦争の遺跡としていつまでも保存すべきものですね。ボランティアさんの説明無くして地下壕の理解はできませんでした。本当に感謝です。冊子をいただいたので帰ってきてから再度読み直すとよりよくわかりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

2016年10月21日 (金)

フォトブック仲間

以前、私が作ったフォトブックを気に入ってくださった友人が、ご自分の息子さんの生まれたときからのアルバムを作られました。その出来栄えを見せに来て下さいました。

さすがに凝って作っていらっしゃいました。学校の作品や学生証までスキャナーで撮って載せていました。

私も今まで作ったものを見ていただき、お互い写真の画質やカバーについて、もちろんページ数や価格の比較などして今後の作品つくりに生かそうということになりました。下の写真は、私が作った何冊かのフォトブックですが、値段が安くすぐ作れるものは画質が落ちます。値段が高く日数がかかるものは、画質は満足いくきれいさです。帯に短したすきに長し?でしょうか?

Cimg6031s

あれこれ、話しているうちにお昼に。。。

朝のお弁当のおかずを利用して、ちょっと並べてみました。

Cimg6024s

いつものひじき、切り干し大根、金時豆、昆布は大阪の親戚からいただいたものです。

Cimg6025s

大根とイカの燻製の酢の物

Cimg6029s

もち米があったので山菜おこわ。山菜は水煮の袋を使いました。

油揚げがあればもっとよかったのですが、切り干しに使ってしまいました。(^^;)

お友達がおこわを気にいってくださり、帰りにお待ち帰りされました。

先輩は私とは15歳以上違うと思いますが、すごくパワフル。

次はご自分の結婚写真などアルバムからはがしてフォトブックにしようと張り切っていらっしゃいました。こういう先輩に会うと私も頑張らなくちゃと思います。

まあ、自分のフォトブックを作っても自分がいなくなったとき、子供たちはいらないだろうなあと話しましたが、これがあれば、寝たきりになっても時々フォトブックを見ながらにやにやできるかな?とも話しました。二人とも作る過程がとても楽しいので、まだまだフォトブック作成は続きます。

2016年10月20日 (木)

タルト好き

Dsc_0300s

私は、タルトが大好き!でも太るから、普段、あまり食べないようにしています。タルト生地はバターを相当練りこんで生地を作っているからです。(だから美味しいんですけどね)

娘の家に近くに、美味しいタルトやさんがあります。本当に作る人の丁寧さ、温かさが伝わってくるタルトです。

先日、東京へ宅配便で送れるんですか?と聞いたら、その日のうちに食べてもらいたいし、タルト自体、デリケートで崩れるので宅配はしていませんとのことでした。

それで、名古屋へ行っている間に、カボチャのタルト、リンゴのタルト、栗のタルト、イチジクのタルトと、娘のところへ買って行きみんなで食べました。

帰る最終日、やっぱり家に、お土産ながら(自分へのごほうびかな?)4つだけ買って帰りました。新幹線でも箱が横にならないようにそ~っと棚に乗せ、無事帰宅。イチジク、洋ナシ、リンゴと、美味しくコーヒータイムができました。

私は、もちろん、大好きなイチジクからいただきました。

Dsc_0301s

そして、なんだか、ちょっぴり幸せな気分になりました。

タルト1つで幸せな私って、単純ですね。でもそんな日常が大事だなあと思うこの頃です。

2016年10月17日 (月)

昨日はダンススポーツ大会でした!

昨日は、市の体育祭の一環の市民ダンススポーツ大会が開催されました。boutique notes

選手宣誓は子供たち!いつも大人ですが、子供たちの宣誓もいいものですね。もちろん、大会もジュニアのための大会みたいでした。

だんだんダンス人口も減り、参加者が少なくなってきました。参加者集めも大変なようです。サークルからも「参加してください!」声掛けもありましたが、残念ながら、今年も少なかったです。その分、ジュニアの活躍は目覚ましく、だんだん子供たちへ代わっていくんだろうなぁ!と思いました。

とはいえ、私たちも市長杯争奪戦に参加しました。ルーテンを替えてしまったので、まだまだ踊りこめていません。また練習をして少しでも滑らかに踊れるといいなあとおもいました、残念ながら準決勝止まりでした。また頑張りたいと思います。

ちなみに優勝したペアは男性が、どうやら元A級の人らしいです。一緒に競技会へ出た方が学連だったと思うよ!とのこと。さすがに、立ち姿だけで、得点入れたくなっちゃうほどです。scissors

踊りながら笑顔、笑顔!余裕ですね。女性はあまり上手ではなかったですが、男性のリードがうまいんでしょうね。そりゃ、元A級とはいえ、上手でお年も若い、若い!でも上手な人は、からだをよく使えてるんだなあとそっちのほうに目がいっていました。またまた日々の練習の積み重ねですね。

今回は、バタバタしていて写真がありませんが、市長杯争奪戦のあとに「赤い糸即席ペア戦」というのがありました。女性が足りないということで参加をお願いされたのでスローフォックスを踊ってきました。私は、競技のステップしか知らないので難しいステップだったらどうしようと思いました。

赤い糸を引いて踊る方が決まりました。いきなり「私はスローを踊れないから歩いてください!」とのこと!?????

うぅ~ん!よくわからないけど、リードに合わせることにしましたが、確かに歩いているようでした。「はい、ロンデ!」あれ?ロンデなんてこと知ってるんだ!まあよくわからないお相手でしたが、1曲踊らせていただきました。

いきなり踊るときは、ワルツかタンゴがいいと参加のかたがおっしゃっていました。1年に1回の大会、それでも楽しんできました。帰りに、お友達と決勝に進めた方のお祝いがてら夕食を食べて帰ってきました。

2016年10月13日 (木)

お花のある暮らし

Cimg5969s

名古屋へ行っている間に庭もすっかり秋の雰囲気です。

秋明菊、ホトトギス、水引きが咲いていました。

Cimg5964s

茶花は、地味ですが、なんだかほっとします。ちょうど空の香水の空き瓶があったのでいけてみました。

娘は花が好きで、行くと何かしらの花が花瓶に入っています。庭もない小さなマンションですが、花があるだけで心が癒されますね。

私もこんな小さな花でも造花より、温かみを感じます。よそのお宅を訪問しても階段の上がり口にちょっと小さなお花があるだけでも、うれしくなります。

夏は暑さでなかなかお花はもちませんでしたが、これからは少し長く咲いてくれるでしょうね。

2016年10月12日 (水)

一連のイベント終了

Pa091568s 

先週から1週間、名古屋へ~♪ 

娘の育休中にいろいろ片づけることがあって手伝い方々、お祝いもしてきました。 

下の孫のお食い初めが延び延びになっていましたが、上の孫の七五三と一緒にしました。前回は、すべて手作りで用意しましたが、今回は、さすがに同時進行でして、神社のお参りと、さすがにお料理を作っている暇がありませんでした。娘は作ってあげたかったようですが断念しました。 

それで今回は仕出し屋さんにお願いしました。 

Pa091567s
手前の石は、歯固めの石です。 

6月にお宮参りに行き、その時に神社の小石を拾っておきました。丈夫な歯になってくれるといいなあと思いを込めて、口に運ぶマネをしました。 

Pa091566s 

七五三の方は実質は、まだ3歳なのですが、今月4歳になるので数えでのお祝いをしました。来年からは、娘はまた仕事復帰する予定ですので、育休中にまとめてできることはしようという考えみたいでした。 

名古屋は、朝は雨でしたが、時間をずらして10時過ぎに出かけました。雨にはあわなかったのですが神社は大混雑!七五三、お宮参り、安産祈願と満員御礼でした。(^^;)

神主さんが、お祓いの人の名前を読み上げるのに、先に、読みがなを確認していました。その時に、孫が大きな声で「はい!」と返事をして、周りは笑っちゃいました。本番では、どこで読み上げられたかわからないのですけどね。(^^;)

娘もまた保活が始まり、第6希望まで書くそうです。普通は兄弟がいれば同じ保育園に入れてもらえるのですが、今回は、すでに9名の枠に13名が希望しています。今後も増えるかもしれません。2年間の育休を取る予定だった娘も1年で復帰することに変更しました。

0歳児で入れないとかなり大変だそうです。点数で決まるので、どうなるか来年までわかりません。同じ保育園に入れないと朝のパパの送りが悲惨です。

こればっかりは、区の取り決めでどうにもならないので、「運を天に任せる?」状態です。

娘も自分でもどうにもならないのでやるべきことをして、第6希望までしっかり書類の準備をして説明会に臨むと言っていました。大変な時代です。

まあ、先のことは考えられないので、その時その時で考えるしかありませんね。

 

2016年10月 4日 (火)

伝えていこうプロジェクト

Cimg5959

 先日、「伝えていこう」というプロジェクトのメンバーが開催した座談会とコンサートに、めぐろパーシモンホールへ行ってきました。 

これはもちろん、東日本大震災エールということでCDの売り上げを「東日本大震災みやぎこども育英基金」に寄付されます。すでにもう850,000円も寄付されていました。皆さんが復興CDをコンサートなどで購入された積み重ねですね。 

Cimg5921

 

Cimg5922 

聞いてみると本当にいい曲です。小さな積み重ねが大きな力になっていました。 

想像していたより、中身が濃い内容で、現在の東北の様子をJAZZ演奏家、声楽の方々が教えてくださったり、まだまだ東北は、立ち直るには時間がかかるという現実を知りました。 

私自身もそうですが、東北の震災から少し遠のいておりました。最近は九州で地震があったり、台風の被害など、東北、北海道に至るまで被害は広がっています。東北だから九州だからと言っている場合ではなくなりました。 

Cimg5920 

とはいっても、なかなか協力できないので、石巻からいらしているマルシェのイチジクの甘露煮、木工の箸、これには、「くまもと」という言葉も入れてありましたが、そのようなものを購入することにしました。それにCDで、協力するくらしかできませんでした。 

本当に小さな力ですが、私たちもいつまでも忘れてはならないと思いました。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »